前へ
次へ

高齢者を守るための法律

必要性がないにもかかわらず話を聞いているうちに、ついつい必要性を感じて高いものを購入してしまうケースもよくあります。特に高齢者の場合には、見慣れない布団があると高いものを買わされていることが多くあり、高齢者自身は納得をして買っているケースが多いために問題になることが少ないです。しかし高齢者の家族は、「これは判断能力が低下」しているための悪質な商法として捉える事は大事です。よくあるパターンでは近所の駐車場に数十人の人が集まり、面白おかしく話をして売り歩く営業マンがいます。これは高齢者をたくさん集めて楽しい話を繰り返すうちに、健康な話を盛り込み高齢者の興味を引いた段階で高い商品を売りつける商法になります。こういったケースの場合にはポイントとして特定商取引法と。いう法律があります。このようなケースには訪問販売における氏名の提示等がありますので、うまく法律を使って相手の行動を阻止することができます。

Page Top